よくあるご質問

一年を通していつでも入学できますか?

いつでも入学は可能です。ただし、受け入れられる人数には限りがありますので、事前登録をして空いている枠を確保されることをお勧めいたします。ハイスクール(高等部)の生徒は、最低でも学期の最終日から20授業日より前に登録することが要件となっています。また、ハイスクールの最上級生は、卒業前の2学期全期間にわたり在籍している必要があります。

クアラルンプールに来るどれぐらい前に入学の申し込みをすればよいでしょうか?

入学申し込みについて正式な締切日というものは設定しておりません。ただし、どの学年においても定員またはそれに近い状態で推移しているため、限られた枠でしか新規の生徒を受け入れることができない状況となっております。つきましては、できる限り早い段階で申し込まれることをお勧めいたします。

入学審査では必ず試験を受ける必要がありますか?

場合によっては、入学の可否が書類審査に基づいて決められることがあります。また、申請書類を審査した結果、入学試験が必要だと判断されることもあります。入学試験には次のようなものが含まれます:

レディネス(学習準備状態)評価(Prep Reception:3歳児、Prep Junior:保育園、Prep Senior:幼稚園 が対象)、学力テスト(例:数学、読解、筆記、必要に応じてEAL審査、または入学審査担当者との面接など)

入学が決まった後、適切なクラス分けのために必要だと思われる場合には、プレースメントテストが行われます。(外国語の言語レベルや、数学の能力レベルなど)

どの学年になるかはどのように判断されますか?

実年齢と学習歴に基づき、生徒が適切な学年になるよう細心の注意を払っております。米国式カリキュラムを導入している学校から編入される生徒については、ほとんどの場合 学年の変更はありません。本校は8月に新学年が始まり6月に終わりますが、これとは異なるカレンダーを採用している学校から編入される生徒の場合は、学校年度の違いから追加でもう1学期間 同じ学年のままになることがあります。また、ISKLの規定により、それぞれの学年に必要な一定レベルの言語能力が定められています。そのため、EAL(追加言語としての英語)のサポートが必要な生徒の場合、言語レベルの観点から通常よりも下の学年になることがあります。なお、マレーシアのSPMを修了している場合、またはGCSE/IGCSEで8科目取得している場合は、ISKLのGrade10相当とみなされます。

友人や親戚宅に住みながらISKLに通うことは認められていますか?

ISKLポリシーでは、生徒は本校在籍中、親もしくは法律で認められた保護者と一緒に居住している必要があると規定されています。法律上の保護者に関するご質問は、お申し込みの際にAdmissions Office(入学事務局)までお問い合わせください。

学生寮などの宿舎はありますか?

ありません。 本校在籍中、すべての生徒は親あるいは法律で認められた保護者と一緒に居住している必要があります。

外国人が一番よく住んでいるのはどのエリアですか?

特定の地区に限らず、本校の生徒はクランバレー地域全体の色々なエリアから通学しています。

スクールバスはありますか?それとも親が送迎する必要がありますか?

本校とクランバレー地域内の色々なエリアをつなぐスクールバスをご利用いただけます。また、放課後の課外活動に参加している生徒にもスクールバスを提供しております。

放課後などの課外活動はありますか?

本校では、すべての学年に様々な課外活動が設けられています。

一年に何学期ありますか?

8月から12月、そして1月から6月の2学期制となっています。

学校の時間割はどうなっていますか?

プリスクール・プログラム(Prep Reception:3歳児、Prep Junior:保育園):午前8時~午後12時30分

Prep Senior(幼稚園)からGrade5(初等部):午前8時~午後2時45分

ミドルスクール(中等部):午前8時~午後2時45分

ハイスクール(高等部):午前8時~午後3時

学校の服装規定はありますか?

本校のユニフォームを着用していただきます。なお、服装規定については、初等、中等、高等部ごとに若干の違いがあります。また年に数回、決められたテーマにそって生徒が自由な服装をできる日があります。



Loading from YouTube...